ダイカスト金型業界をリードする技術革命

ダイカスト金型とは?

高精度の品質を維持する生産システム

トシハラテクノスのダイカスト金型

コスト低減、短期納期の確立を踏まえつつ、需要の多様化に応えています。

ニーズに対応するソフトとハードの融合

新しく導入された最新マシン それを操作する人の力 現場は常に高いポテンシャルを維持しながら期待に応えています。

自動車のエンジン周辺から各種モータ、アルミホイールまで、広範囲にわたり使われているダイカスト。多様化に伴いダイカスト金型のニーズも高まっています。 当社ではさらに高度化が予測される次世代に向け、2006年に新工場を立ち上げ新生寿原テクノスとしてさらなる可能性に挑戦します。 製造現場では最新マシンの導入により自動化・省力化を図り、ダイカスト金型の中でも特に難しいとされる三次元複雑形状も克服。この分野では日本で5本の指に入る技術を持っていると自負しています。これができるのもマシンを操る技能者や、設計・CAD・CAMの高い技術があってこそ。 一人ひとりのポテンシャルを高めながら、次世代の金型づくりを提案していきます。

トシハラテクノスの設備紹介

豊かな人材による技術革新と環境との共生を図る企業をめざして

トシハラテクノスの技術

ページトップへ戻る